森川、撮影のこと書くってよ(クリエイティブ編3)

撮影

こんにちは!5回目のブログです。熊本の美容師森川です。

好きな食べ物は手羽先です。 苦手な食べ物はカボチャです。

バリバリの厄年です。

自己紹介はこちら。

前回の続き書きます!

頑張りますんで最後までよろしくです!!!!

 

衣装について

自分も、周りの仲間もここには比重置きすぎてない感じです。

リサイクルショップや古着屋で安く仕入れてます。

安く購入しますので、心置きなく襟や袖をカットしたりしてカスタマイズします。後ろを安全ピンで留めたりして、モデルさんの体型にフィットさせたりします。

自分は最近は寄りの写真が多いのでトップスしか買わないです。

3000円て書いてあると「高えな。。どうしよう。。」と思いますw

 

地毛とウィッグ。

地毛を心置きなく切って染めさせてくれるモデルさんがいれば、間違いなくそれが最高です。

でも、個人的には 素敵な作品に仕上がれば それが地毛だろうとウィッグだろうと、どっちでもいいと思ってます。

ただ、ウィッグがモデルさんにフィットしきれてなかったり、ウィッグなのを隠そうとするあまり フェイスラインの毛が不自然な動きをしてるとちょっとなあ。。とは思います。

 

僕は最近はDNCさんのウィッグを使用してます。ちょっと高いけど 質もいいし、2〜3回は使用できますしね。

DNCさんが素晴らしいのは、常にウィッグがバージョンアップし続けています。

常に努力してより良いものを提供しようとしてる姿勢が素敵すぎます。

(尾石さん見てますか。僕宣伝してますよ。何かください。)

 

ライティングについて。

誤解のないように先に書きます。

ここでは 「Yo! これが俺の云うところの、【M.Y.L】(マジで、ヤバい ライティング)だぜ!チェケラッチョ!!!」

ということを書きたいのではなくて、

「こんだけシンプルなライティングでも うまくいけば結果出ますよ。撮影始めて間もない方、これから撮影やってみようかなって方、よかったら真似してみてくださいね。ただ、やってみても うまくいかないって時は 優しく僕をdisる程度で許してくださいね。」

と言うことを書きます。

全てテザー撮影(撮ったらすぐパソコンで画像見れるアレ)

それ用のソフトはライトルームを使用してます。

ちゃんとしたライティングとか、調べればメチャ出てくると思いますんで、「きっちりライティングして本格的にやりてえんだよ!」て方は 読み飛ばしてググってくださいな。

大体3つ例を挙げますけど、ちゃんとライト当ててるのって1例だけなんでw

誰かライティング教えてww

その1

 

ビックリするくらい雑ですいません。自分も今 写真アップしてビックリしましたw

まあでもこんな感じ。

モデルさんの顔とかに影つけたければ黒カポック(でかいスチロール板を繋いで2つ折りにしてるアレの黒バージョンね)をモデルさんに近づけるとか、

光が強くてモデルのメイクが飛んじゃうとか輪郭が消えるとかの場合は、ストロボの光弱くして、

光の当たりはいいけど、画像全体が暗いときはライトルーム側の現像で明るさ出しながら撮影して、

モデルのバックの影が気になるときは モデルをバック紙から離したり、ストロボの位置を上げたり。。

そんな感じ。

ストロボ2灯でやったりもしたけど、考える事増えるんでやめました。

髪の事も見なきゃなんないしですね。

これでやった写真はこんな感じ。

(真ん中だけウィッグ。上下は地毛です。)

ちなみに今は載せれないですが、今年のJHAの最終選考に残ってる1枚もこのライティングで撮ってます。

 

その2

ライティングしてねえっすw もともとのそこにある天井からの照明そのままでモデルの両側を白カポックで挟むだけです。

(天井の照明が全て同じ種類の蛍光灯の時のみ可)

やっぱ暗く出るんでライトルーム側で明るさとコントラスト調整しながら撮影します。

今回のアイキャッチ画像もこんな感じで撮ってます。

で、写真はこちら。

(2枚とも、アイキャッチ画像も地毛です。)

 

その3

自然光は無敵です。昼間 外に出て非常階段で撮ってます。

(ウィッグです。)

後ろの横線は ぼかしてるんで分かりづらいけど、鉄製の階段ですねw

 

3例 いずれもそんなに難しいことやってないつもりです。

 

現像。

撮影の時には、なるべく 髪、メイク、モデルさんの表情というのを優先してチェックしてるんで、ざっとした現像で終わってます。

大体の雰囲気出てりゃいいって感じ。

んで、家に持ち帰って写真をチョイスしていって2〜3枚まで絞ります。

その後、メッチャじっくり現像します。

明るさ、コントラスト、色、写真の質感、トリミング、一つ一つしっかり判断しながら写真を作ります。

特に自分は色を大切にしてますんで、そこは最も慎重にやってます。

コンテストに出すからには、プロのフォトグラファーの撮ってる写真とも戦わなきゃなんで、そこは時間かけます。

一美容師が撮って出しの画像で勝てるわけないので そこは時間でカバーしてます。

ここはできる人にお願いしてもいいんでしょうけど、僕はここが一番楽しいので自分でやりますw

やり方は書くとキリないのでググってみてくださいw

時間あったら書いてみたい気もするけど、僕みたいのが書いたやつよりググった方がいいかと思います。(まあライティングもそうかも。。)

 

最後に

どうでしたか。。ド素人の書く撮影ブログw

ちょっとは撮影に対するハードルが下がって、やってみようかなあ。。と思ってくれる方がいると嬉しいです。

説得力なかったらすいませんw

ぶっちゃけクリエイティブ撮影って、ないならないでも困らないと思います。

「好きだからやってる」っていうのが一番でかいです。

でも、僕はクリエイティブ撮影、あとカットを含むコンテストもだけど 絶対的にお勧めします。

長年やってきましたけど、自分にとっての一番の理由は それで出会って可愛がってくれる先輩や師匠、相談できたり遊べる仲間ってのは 他に代えがたい自分の人生の財産になってるからです。

悶々と迷ってるならさっさとやるのをお勧めしますよ。

きっと美容人生が今より充実すると思います。

 

偉そうに締めてすいませんでしたあ。。

ああ〜〜〜〜〜〜やっぱ長くなったあああ〜〜〜汗。。

撮影関係のブログってエネルギー使うなあ。。好きなことなんで熱入るし。

 

次はどうでもいいの書こうかな。。

ペラッペラのふわふわしたやつw

「僕が手羽先を好きな3つのワケ」

とか

「僕がカボチャと距離をおいた理由」とか

 

絶対誰も読まねえなw

 

ちょっとでもお役に立てるよう頑張りますんで

次もよろしくお願いします。

チェケラッチョ!!

 

 

 

コメント